地球儀を指差す

大学受験について良く理解する必要があります。
高校受験では中学の学習内容をきちんと理解しているかが問われます。
しかし、大学受験では大学で学べる学力が有るかや研究者として勤まる資質があるか等を問われます。
英語について取り上げると高校で習った事を知っていれば十分とは言えないのです。
大学により幅広い単語についての知識が求められる事もあります。
特定の文法知識が求められるかもしれません。
これらは一部の進学校以外では対応するのは難しいと言えます。
そこで利用されるのが予備校や塾となります。
長年の蓄積があるので対応したカリキュラムを行う事ができます。
または、特別のコースを設けている所もあります。
実績からこれらの予備校や塾に通う事も選択肢の一つです。
有名な所では過去の受験問題が本として出版されている事もありますので、受験勉強に取り入れる事もできます。
重要なのは英語に限らずに、これらの情報を的確に手に入れる事です。
知らないという事は初めから不利となってしまいます。

学校に合わせたプランを

大学受験において、どの学部を受験する時も必要になってくるのが英語です。
英語の成績が一番重要であるとか、これで一定の成績が取れていなければ問答無用で不合格になるなど、大学受験において何より大切な科目とであると言えるでしょう。
英語でよい成績を取るには、まず過去問の分析が必要です。
長文を出すのか、文法を重視するのか、といった傾向は、大学によってかなり異なります。
過去問を繰り返し解くことで、志望校の傾向に慣れなければなりません。
また、英語は重要である分、みんながそれなりに勉強している教科です。
だからこそ他の受験生と差がつけにくいという面もあるでしょう。
そのため、どれだけ勉強しても損はないと言われています。
例えば、学校で教科書を重点的に勉強し、塾に通い、ラジオ英語を聞き、更に過去問を解いても、まだまだ努力する余地があると思われるほどです。
受験間際には読書の時間にも洋書を読む生徒もいるほどです。
こうした勉強が損にならない理由のもう一つに、英語は大学入学後も使う言語であるということが挙げられます。
一年生の時は英語が必修であることが多いですし、英検やTOEICでいい成績を修めていることが、就活の際も有利になります。
また、交換留学や長期休暇中の短期留学をするかもしれませんし、日本にいても、留学生の友達ができるかもしれません。
受験勉強だからそれまで頑張ればいいと高をくくらず、今後のことを考えて視野の広い勉強をしていくことが大切です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031